米男子ツアーのウェイスト・マネージメント

米男子ツアーのウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープンは現地時間29日、アリゾナ州TPCスコッツデールを舞台に開幕。現在では世界で最もギャラリーを集める大会として知られている同トーナメントで、元世界ランキングNo.1のタイガー・ウッズ(米)が、約5か月ぶりにツアーに復帰する。
また、自身が抱えていた問題は複合的なものだったとしつつも、その一つが飲酒やパーティだったことを認め「ストレスをコントロールするために飲みすぎることもあった」と告白。そのために生活指導のコーチからストレスとの向き合い方についてのアドバイスなどを受け「全てが新しく知ったことだった」と多くのことを学んだという。
3日目を終えて4人が首位に並ぶ混戦模様の中、最終組でスタートしたハースは立ち上がりの3番で、4日間を通じて2つ目となるボギーを叩くも、直後の4番をバーディとし、すぐさまイーブンに戻す。すると、6番パー5では左ラフからの第2打をピンから約4.6メートルにつけてイーグルを奪取。その後もスコアを伸ばし、前半を3アンダーで折り返す。ゼクシオアイアン最安値
米スポーツ最大級のイベントでもあるナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のスーパーボウルが日曜日(2月1日)に開催される影響で、水曜日からの4日間と変則日程で争われる今大会。初戦からハイレベルな戦いになることは必至だが、幸先の良いスタートを切るのは一体誰だ?!現在世界No.1の座に君臨するインビー・パーク(韓)、そして17歳にして多くのタイトルを手にしているコの“BIG3″が開幕戦から揃ってエントリーしていること。また、昨年完全復活を遂げたミッシェル・ウィー(米)や2年ぶりの優勝を目指すスーザン・ピーターセン(ノルウェー)、また近年躍進を遂げている韓国勢のプレーにも期待が高まる。ゴルフクラブセット激安
Bluetoothゴルフスイングセンサー「ZEPPGOLF」2パッケージ・外観&初期設定
松山英樹は2アンダーの69位で日本勢唯一の予選通過
Read More

薗田峻輔がナイキゴルフの先行試打会に登場!

12月6日から20日にかけて、東京・兵庫・福岡の3会場でナイキゴルフ『ヴェイパーアンバサダー先行試打&フィッティング会』が行われた。
『ヴェイパー』、シングルプレーヤーたちの評価は?
 アンバサダーとはタイガー・ウッズ(米国)やローリー・マキロイ(北アイルランド)らが使用する同社の新クラブブランド『ヴェイパー』を来春の発売に先がけて体験できる同社の公認モニターのこと。この先行試打会から約半年間、『ヴェイパー』を使用し、体感したテクノロジーの進化をSNSで拡散するなどの役割を担うという。各会場10名、計30名が厳正なる審査の結果、アンバサダーとなった。
オフにしっかり調整して開幕に備えたい。そしてナイキアスリートとしてできるだけテレビなどに露出してヴェイパーをアピールしたい」。マキロイも契約を変更して結果を出したのは2年目。来年は国内で勝ち星を重ね、飛躍の1年とすることができるか。
Read More

ピンG25アイアンセットフェアウェイウッド

以前、G25のドライバーを試打したことがあるのですが、今日はフェアウェイウッドを試打することができました。フェアウェイウッドにしては、かなり投影面積も大きめだと思います。ロフトは15度、クラブ長さは43インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は74g、トルクは2.9、クラブ総重量は342g です。PINGといえば、シャローヘッドのイメージが強くなりましたが、限定モデルでもいいから、いつかはディープで惚れ惚れするようなクラブにも出会ってみたいものです。

シャローヘッドでありながら、ネックの長さもしっかりとキープされているところに好感がもてます。ゴルフクラブには人間の体と同じように『ヘッド(頭)』とか『フェース(顔)』『ネック(首)』『トゥ(つま先)』『ヒール(踵)』といった言葉が使われているので、そのどれもが省略されるのではなく、しっかりと維持して欲しいと思っています。
G25ドライバーの顔を見たときは、個性的な感じがしていたのですが、このフェアウェイウッドは最初から馴染むことができました。こういった『使い分け』できる柔軟な発想も、PING独特な感じがします。クラウンマークも、PINGの個性が感じられますが、できれば私は無いほうがいいな・・・。と思いました。
ドライバーと合わせての買換え。特に問題ないというか、自分のレベルでは特徴など解らなかった。普通に使える道具です。オススメということもないけれど、平らなFWが嫌いでなければ購入しても良いのでは。当時流行した300ydスプーンX-hotと迷いましたがこちらにして正解でした。先に5wを買いましたが、重さもあってアイアンの感じで打てるので私には扱いやすいです。ピンG25アイアンセット
Read More

テーラーメイドsldrアイアン 評価

正にドッカ~~ンといった表現が適していると思います。弾道も高すぎず低すぎず、非常に強い球筋だと感じています。風にも強く多少のアゲンストでも、平気で逆風を突き抜けて行きます。当然の事ですが、力んでしまうとその威力は半減してしまします。また、ヘッドは重目ですが、その重さに逆らわずに如何に力まず素振りと同じスイングでヒット出来るかがポイントです。今の自分には合っており、とても良いドライバーだと満足しています。

ただし、MT-6Sの方が左右のばらつきが少なく、コントロールしやすいように感じました。また、弾道もMT-6Sの方が若干ですが、強いように感じました。私は、通常カスタムシャフトにしていますが、標準シャフトでも十分と感じました。
40歳からゴルフを始め4年になります。ゴルフ雑誌と我流の練習(週1回)で、これまでやってきました。カスタムシャフトに憧れ、913D3/GT7S、913D2DJ7Sなど少しハードな仕様で、がんばって振り回してました。しかし、ドライバーで突如飛び出すチーピン、スライスがなくならないのでどうにかしたいと思って、ドライバーを探していました。最近、このSLDR Sを試打して直ぐに気に入り、ノーマルシャフトのSRを買いました。
一般的なアマチュアの日本人ならRがベストと思います。グリップを交換してシャフトの形状、グリップに隠れる部分がかなり絞ってあります。SLDR ディアマナW60S 10.5度から買い替えです。SKDRはロフト+1.5で使用していましたがW60が前作のアヒナと若干フィーリングが違うのかタイミングが合わなくなってきたのでアヒナをシャフトだけ購入しようか悩んでいたところ、知り合いがSLDRsのMT6Sを購入したので打たせて貰ったところ、これが一発目からナイスショット!テーラーメイドsldrアイアン 評価
Read More

G30アイアンは飛距離が伸びるだけでなく

G30アイアンは飛距離が伸びるだけでなく、プレーヤーが求めている正確な飛距離コントロールを可能にします。初速アップを実現した薄いフェースの裏に搭載されているCTPがインパクト時のブレを防ぐからです。CTPとアンダーカット・キャビティーにより、重心を低く深くする事が可能となり、最適な打出し条件と寛容性が増しています。インパクト時にはCTPが有る事で、プレーヤーが好む心地良い打感を約束します。
ピンの良さはフィッテイングです。①ライ角②シャフト③グリップ選択(太さも)。日本メーカーももっと見習ってほしい。私は4IからPWを購入しました。シャフトがスチールの105グラムだったので、番手の距離は落ちます。ピンはNS950がないのです。近いシャフトを選ぶと割高になるのが難点。シャフトの種類がもう少し多ければ言うことなし。
今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト10+ 件「TFC390D」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59度、長さ45.75インチ、総重量316g、バランスD1。ヘッド体積は460cm3。シャフトスペックは、重量59g、トルク4.9、中調子。時価という感覚の中で、、買う方に 迷いが大きくでます。
比較的まっすぐの球が打ちやすく、高弾道なので、ピンをしっかりと狙うことが出来ます。
プロも使うアイアンだけあって、完成度の高いアイアンですね。ピン i25 アイアンについて試打評価したいと思います。方向性について捕まり具合はグースが若干少なくなった分だけより控えめになった。i20がストレート~気持ちドローという感じだったのがストレートから気持ちフェードが出やすい印象で基本的には前作と同じく捕まりすぎたりすることはなく穏やかな挙動でどちらかといえば捕まりはおとなしい印象。ping  G30 アイアン 9本セット
Read More

日本シニアオープンゴルフ選手権

今年のシニアプロ日本一を決める日本シニアオープンゴルフ選手権が兵庫県小野市の小野グランドカントリークラブNEWコースで始まり、初日を終え奥田靖己が8アンダーの64をマークして単独トップに立った。
1打差の同8アンダーに賞金ランク1位で先週Vの小田孔明(36=フリー)が浮上。2打差の同7アンダーにS・K・ホ(41=韓国)がいる。
4打差の同6アンダーには、藤本佳則(24=フリー)宮里聖志(37=フリー)小平智(25=Admiral)谷原秀人(35=フリー)。
賞金ランク2位の藤田寛之(45=葛城GC)第1日首位の香妻陣一朗(20=宮崎レイクサイドGC)と池田勇太(28=日清食品)は同4アンダー。
その他、先週に続き2種連続でツアーに参戦しているアマチュアの勝みなみが2オーバーの62位タイで初日を終えた。
【初日の結果】
1位:李知姫(-6)
2位T:上田桃子(-4)
2位T:井芹美保子(-4)
4位T:中村香織(-3)
4位T:リ・エスド(-3)
2014年日本仕様】タイトリスト714 AP2 アイアン 6本セット(#5~#9,P)
ピンi25 アイアン 9本セット
Read More

スピード ブレード アイアンは

くらいでした。 今使ってるアイアン(MIZUNO MP-68)は、飛距離が140~160くらいと、スイートスポットに当たる当たらないで、距離のばらつきがすごいのですが、ROCKET BLADEZ アイアンは、フェースのはじにあったっても真ん中付近に当たっても10ヤードくらいしか差がありませんでした。打ち始めてしまえば大した問題はありませんでしたが・・・思ったよりいい感触で打てたので。
スピード ブレード アイアンは、スピード ポケットを新しいレベルに達成され、ゴルファーはスピードブレードをより、アプローチショットはもっと緑を打てから低いスコアが得られる。SpeedBlade アイアンは構え、スピード、打ち上げ、スピン、両サイドが広がり、さらに進化した貫通型スピードポケットでフェース下部の反発力が向上。薄型フェースで飛距離性能UPを実現。
USオープン(2013年)でローズがこのアイアン(スピードブレイド)を使用しました。最終ホールでは4thアイアンで240ヤードを出して、見事!優勝を決めました。ジャスティン・ローズの優勝はテーラーメイドの「スピードブレイド」の実力が証明された瞬間でもあり、「スピードポケット」はPGAプロも認めるテクノロジー「スピードポケット」を搭載したアイアン。
特段意識しなくても、ドローが楽に打てます。高い弾道、速い初速で確かに距離が伸びています。スピードブレイド、とてもいいのを買いました。いままでの飛距離よりも5~10ヤードは飛んでいると思います。飛距離はもちろんですが、うれしいのは薄く当たってもちゃんと飛ぶこと。とにかく真っ直ぐ飛ぶのでミスの後でもリカバリーが楽です。日本仕様テーラーメイドスピードブレイドアイアン
Read More

『G30 アイアン』新登場

飛距離、寛容性、高弾道の全てが備わってさらに進化を遂げたPING伝統のキャビティアイアン『G30 アイアン』新登場。PING伝統のキャビティアイアンがさらに進化を遂げました。前作より大きく進化したストロングロフト&極薄フェース設計の飛距離アップアイアン。番手間で理想的な飛距離差をもたらす新ギャッピング・シャフトを採用。飛び構造とCTPの進化により、左右だけでなく飛距離のバラツキも抑制し、コントロール性能も大幅にアップしました。
G30ドライバーのクラウン部分にあるタービュレーターはデザインだけでなく スイング中の空気抵抗を軽減しクラブスピードをアップさせることが狙いなんです!まだ 打ったことのない方、どうしようか迷っている方、まだまだ遅くはございませんゾ。まずは試打してピンのテクノロジーをご体感してみてはいかがでしょうか
もちろん、この「G3010+ 件」アイアン10+ 件も・・・。その辺をレポしつつ、ボクが打って感じた「G3010+ 件」シリーズを総括してみましょう!どーもです。 PING G30 HB MAIN.JPG今日紹介するのは、ピンのニューモデル「G30」のハイブリッド(HB)です。昨日紹介したFWが、なぜか球が上がらず「Gシリーズっぽくないなぁ・・・」なんて思ってしまったわけですが、ではこのHBはどうなのでしょうか?
今回、4Hと#7をそれぞれ紹介したいと思います。まずは、4Hから!どーもです。 PING i25 IRON MAIN .JPG連日紹介してきたピンのニューモデル「i25」シリーズですが、今日紹介するアイアン10+ 件が最後です。i20アイアンはかなりご機嫌なアイアンだったことを記憶していますが、このi25はどんなアイアンに生まれ変わったのでしょうか? パッ見的な印象では、i20よりもややスリムかつスタイリッシュになったようなイメージを受けました。問題は、ボクでも打てるかどうか? 早速行ってみましょう!!
ping G30 アイアン 9本セット
Read More

1 2 3